やぶた宏行 静岡県議会議員 -薮田宏行 藪田宏行-
トップページへ戻る
ごあいさつ
プロフィール
まちづくりの指針
活動レポート
やぶたの熱い想い
後援会加入のお願い
お問い合せ
やぶた宏行モバイルサイトQコード
やぶたひろゆきの最新情報が携帯からもご覧になれます。
ぜひ携帯メール会員に登録下さい。
下記QRコードを携帯で読み、空メールを送信してください。
やぶた宏行携帯メール会員登録Qコード(無料)
ごあいさつ

やぶた宏行です。
これまでの出会いと経験のすべてを、
まちづくりに生かします。




 御前崎市には、太陽と大地と大海原の恵みとともに、精神的な豊かさ、新しいものを受け入れる懐の深さがあります。この豊かな環境に育まれ、有意義な出会いを通じて、まちづくりに対する想いが高まりました。
中央から地方、地方から地域へまちづくりの根幹が移る中、御前崎市の魅力と役割をきちんと発信していくことが、自立したまちを目指すための第一歩です。御前崎市の魅力を、御前崎市を選んで定住することの意味を、このまちが好きだからこそ創り出していきたいと考えます。

やぶた宏行


ごあいさつ
 心配された台風の影響もなく暑い日となり、華やかな屋台、山車が市内を勇壮に練り回し楽しませてくれた秋祭りも終わり、すっかり秋らしい光景が目立つ頃になりました。今年は、異常と言える程、自然災害が多い年となりました。2月の本白根山の火山噴火災害から大雪による被害、夏の土砂災害、地震、豪雨、台風、猛暑等本当に多く発生しました。9月30日から10月1日にかけて、近畿から北陸地方を通過した非常に強い台風24号は静岡県内にも大規模な停電や交通網の混乱を招きました。また多くの家庭や事業所、医療機関等大きな被害を与え、農作物等にも深刻な被害が出ました。私ども会派では、被害の全容把握と今後の対応について県に迅速かつ全力で取り組んでいただくよう知事に早速10月2日に要請しました。
 9月18日に開会した9月県議会定例会は、10月11日に閉会となりました。今議会では、予算案件3件、条例案件4件、その他13件、報告6件、意見書5件が上程され、いずれの案件も可決されました。予算案件は、一般会計で28億3,400万円、この中には、緊急の豪雨対策や地震に備えたブロック塀の対策も含まれています。また、条例の中には、受動喫煙による健康への悪影響を防止するため、県や事業者等の責務や、具体的な取組などを定める条例などがありました。意見書には、国立高等専門学校の安定的・継続的な学習環境の確保を求める意見書、水道施設の戦略的な基盤強化の推進に関する意見書などが含まれています。県議会は10月から常任委員会県外視察、決算特別委員会、来年度予算関係行事等続き多忙期間に入りますが、皆様のご指導ご支援をいただきながら頑張ってまいります。今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

                                   平成30年10月

       
   同期会「五輪会」メンバーと  富士宮市内        小山町内
  
    
             
  ..                           
                  


Copy right 2007(C) Hiroyuki Yabuta. all rights reserved.