やぶた宏行 静岡県議会議員 -薮田宏行 藪田宏行-
トップページへ戻る
ごあいさつ
プロフィール
まちづくりの指針
活動レポート
やぶたの熱い想い
後援会加入のお願い
お問い合せ
やぶた宏行モバイルサイトQコード
やぶたひろゆきの最新情報が携帯からもご覧になれます。
ぜひ携帯メール会員に登録下さい。
下記QRコードを携帯で読み、空メールを送信してください。
やぶた宏行携帯メール会員登録Qコード(無料)
ごあいさつ

やぶた宏行です。
これまでの出会いと経験のすべてを、
まちづくりに生かします。




 御前崎市には、太陽と大地と大海原の恵みとともに、精神的な豊かさ、新しいものを受け入れる懐の深さがあります。この豊かな環境に育まれ、有意義な出会いを通じて、まちづくりに対する想いが高まりました。
中央から地方、地方から地域へまちづくりの根幹が移る中、御前崎市の魅力と役割をきちんと発信していくことが、自立したまちを目指すための第一歩です。御前崎市の魅力を、御前崎市を選んで定住することの意味を、このまちが好きだからこそ創り出していきたいと考えます。

やぶた宏行


ごあいさつ
 祭りも終わり秋も深まってまいりましたが皆様にはご健勝にてお過ごしのことと思います。今年の夏も飯塚翔太選手が8月にロンドンで開催された陸上世界選手権で大活躍をされ、銅メダルを獲得されました。昨年に引き続き日本中に感動を与えていただきました。スポーツは県民に夢と希望と感動そして勇気を与えてくれるため、県ではスポーツ王国しずおかの復活に向け取り組んでいるところです。
 9月20 日に開会した9月県議会定例会は、10 月12 日に閉会となりました。
今議会では、予算案件3件、条例案件6件、その他16 件、報告5件、意見書6件、決議1件が上程され、いずれの案件も可決されました。予算案件は、一般会計で衆議院議員選挙等の執行経費16 億6,000 万円を含む41 億1,200 万円、この中には、緊急の豪雨対策のほか御前崎港でのヒアリの調査経費も含まれています。また、条例の中には、富士山世界遺産センターを設置するため、施設の設置目的や開館時間、観覧料などを定める条例などがありました。
 農家を始め多くの茶業界の皆様にご心配をおかけした、「静岡県製茶指導取締条例」は昭和31 年に制定されたものですが、時代に合わない部分があるなどの課題が生じており、条例見直し要請を受けた県は本条例を廃止しようとしました。廃止案について県民意見の募集をしたところ、条例廃止案に反対意見も多く、見合わせることになりました。所属する会派からは県当局に対し、生産者、商工業者等茶業界はもとより消費者にいたるまで広く県内の意見に十分耳を傾け専門的な見地なども交え、丁寧に議論を深めていくことや茶業の振興方法を検討し、茶業界の創意工夫が生かされ、真に静岡県茶業の将来を拓くものとなるよう要請しました。県政もたくさんの課題を抱えていますが、今後とも皆様のご指導ご支援を賜りながら努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。
                                                    
                                       平成29年10月

              
       中央:杉山議長、右:山田副議長と

            
         . .. 
                     
                  


Copy right 2007(C) Hiroyuki Yabuta. all rights reserved.